ダイエット効果のあるグリーンスムージーダイエット

ダイエット効果のあるグリーンスムージーダイエット方法

グリーンスムージーダイエットは効果が分かりやすく成功しやすいダイエット方法と言われています。

 

グリーンスムージーのダイエット方法は、基本的に朝食をグリーンスムージーに置き換えるだけです。グリーンスムージーの作り方は、お気に入りの野菜とフルーツを水と一緒にミキサーにかけるだけです。

 

水ではなく、牛乳や豆乳を使っても良いです。牛乳や豆乳の方がより満腹感を感じやすいので、朝食の置き換えとして効果的だと感じました。

 

グリーンスムージーに使う材料は、水1カップ(300〜400ml)にほうれん草4分の1から2分の1束、バナナ1本、みかん3個、キウイ1個をミキサーに混ぜると、フルーツ中心の飲みやすいグリーンスムージーとなります。

 

より作りやすいレシピとして、水1カップに対して、小松菜2分の1束にりんご2分の1個、バナナ1本をミキサーにかけます。りんごが無い場合はバナナを増やしたり、バナナが無い場合はりんごを増やしても良いです。
少ない材料で作ることができますので、グリーンスムージーダイエットを始めたばかりの場合におススメです。

 

グリーンスムージーダイエットのポイントは、最初からグリーンを多く摂ろうとせず、慣れるまではフルーツを多めにすると長続きしやすいです。
身体がグリーンスムージーに慣れてきたころに、葉野菜を増やしていくと良いでしょう。

 

シンプルな材料で作ることができますので、継続しやすいですし、継続することによってダイエット効果を高めることもできます。

 

しかし、ミキサーが家に無いといったこともありますし、ミキサーがあったとしても後片付けが面倒といった欠点があります。

 

そこで活用したのは、グリーンスムージーの粉末タイプです。

 

これなら、ミキサーが無くてもできますし、シェイカーなどに水と粉末を混ぜるだけなので、より簡単に作ることができます。粉末であっても栄養分は豊富に含まれていますので、より楽にグリーンスムージーを続けやすくなりました。

 

粉末ですと、手作りスムージーと比べて葉っぱの青臭さがなく、野菜が苦手な方でも飲みやすいです。牛乳や豆乳で割ることでさらに美味しく飲むことができますし、ヨーグルトに混ぜても美味しく摂取することができます。りんごジュースや野菜ジュースに混ぜてシェイクする方法でも良いです。

 

朝食をグリーンスムージーに置き換えるだけで、1ヶ月で3キロ近くのダイエットに成功することができました。それは、1食をグリーンスムージーに置き換えることで1日の摂取カロリーをカットすることができたことで自然とダイエットできたのではないかと考えます。

 

グリーンスムージーのダイエットは、粉末状になったものを使用すれば誰でも簡単に続けられますし粉末状なのでどんなものにも混ぜて摂取することができますので、手軽に続けやすい上に野菜の栄養素が豊富に含まれていますので、効率よくダイエットが行えると言えます。

関連ページ

置き換えダイエットは簡単に取り組める
置き換えダイエットは簡単に取り組める体験談をご紹介します。
オリジナルのスムージーで楽しく置き換えダイエット!
オリジナルのスムージーで楽しく置き換えダイエットの体験談をご紹介します。